PMS改善に効果のある漢方薬の話

月経が始まる3日から10日前ぐらいに起こる様々な症状をPMSといいます。イライラや不快感、頭痛、むくみなど心身にあらわれる症状は、月経が始まることで自然と治まったり軽くなります。PMSの原因は、はっきりとわかっていませんが女性ホルモンが関係していると考えられています。症状が軽ければ、特に治療の必要はありませんが、日常生活に支障がでるほど症状が重い場合には、婦人科などを受診することで症状を軽減させることができます。
akaita
PMSの改善には漢方が用いられることがあります。西洋薬に比べると効果はゆるやかですが、自分の体質にあったものが見つかれば効果があります。また、効果がゆるやかな分、副作用も比較的ゆるやかとされています。病院で処方される女性ホルモンが含まれている低用量ピルが使用できない場合に選ぶこともあります。

漢方は、PMSのような様々な症状の出るものに対して有効です。症状が顕著な場合には、その症状に対して西洋薬を併用して治療することも可能になります。
漢方では、問診や腹診、脈診などを基にして、その人の体質などを考慮して処方します。一般的にPMSに有効な漢方としては、桃核承気湯、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、加味逍遥散などがあります。

漢方薬で効果が感じられるまでには数週間から1ヶ月以上かかります。そのため、1ヶ月間は飲むつもりで始めるようにします。その間にまったく効果が出ない場合には身体にあっていないこともあるため、医師や薬剤師に相談します。飲み方としては、食事と食事の間の食間に飲むようにします。薬の吸収がよくなるお腹が空っぽの状態で、人肌程度のお湯もしくは水で飲むようにします。 漢方の種類によっては、子宮を収縮させる作用のあるものが処方されることもあるため、妊娠中もしくは妊娠している可能性がある場合には、医師または薬剤師に相談する必要があります。漢方薬であれば、排卵を止めることなく作用することができるため妊娠を望む場合にも適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>