水を飲むだけで痩せる?水ダイエットの方法と効果

ダイエットを短期間で成功させるために水を摂取することが欠かせません。
しかし、ただ水を飲むだけでは高いダイエット効果を実感することができない為、注意が必要です。
短期間でダイエットを成功させるためには、水をどのように飲めばいいのかをきちんと知ることから始めましょう。

今、水ダイエットが注目を集めていますが、実際に正しい方法や効果を知っている方はほとんどいません。
短期間でダイエット効果を実感したいのであれば、効果的に理想のスタイルを手に入れることができるコツをチェックすることが重要です。
水ダイエットとは、その名の通りただ水を飲むだけという手軽なダイエット方法です。

ただ水を飲むだけで簡単に痩せることができるのかと疑問に思う方も少なくありませんが、実践者の中には多くの成功者がいます。
実際に水ダイエットを実践した方は、正しい方法で行うことによって、僅か3ヶ月という短期間でマイナス8㎏の体重ダウンに成功しました。
これだけの効果をきちんと実感するためには、水を飲むタイミングをきちんと知ることが大切です。
無理なく痩せるためには、食事前に水を飲むようにします。

食事前のタイミングで水を飲むことによって、食事での摂取カロリーを効果的に落とせるのも大きなメリットです。
食事前のタイミングに水を飲むと驚くことに食事の際に摂取するカロリーを90キロカロリーもダウンさせることも実現します。
しかし、ここで注意しなければいけないのは、水を飲みすぎないということです。

水を多く飲んでしまうと体に摂りいれた食べ物を消化する働きが悪くなってしまうので要注意です。
正しい方法として、1日3食の食事の前に水を2杯程度飲むことをおすすめします。
この際に利用する水は、自分の好きなもので構いません。
現在、軟水や硬水、炭酸水など様々な水がありますが、自分の好みに合わせて選んでみましょう。
もちろん、自宅の水道水でも十分に効果を実感することができるのでおすすめです。

PMS改善に効果のある漢方薬の話

月経が始まる3日から10日前ぐらいに起こる様々な症状をPMSといいます。イライラや不快感、頭痛、むくみなど心身にあらわれる症状は、月経が始まることで自然と治まったり軽くなります。PMSの原因は、はっきりとわかっていませんが女性ホルモンが関係していると考えられています。症状が軽ければ、特に治療の必要はありませんが、日常生活に支障がでるほど症状が重い場合には、婦人科などを受診することで症状を軽減させることができます。
akaita
PMSの改善には漢方が用いられることがあります。西洋薬に比べると効果はゆるやかですが、自分の体質にあったものが見つかれば効果があります。また、効果がゆるやかな分、副作用も比較的ゆるやかとされています。病院で処方される女性ホルモンが含まれている低用量ピルが使用できない場合に選ぶこともあります。

漢方は、PMSのような様々な症状の出るものに対して有効です。症状が顕著な場合には、その症状に対して西洋薬を併用して治療することも可能になります。
漢方では、問診や腹診、脈診などを基にして、その人の体質などを考慮して処方します。一般的にPMSに有効な漢方としては、桃核承気湯、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、加味逍遥散などがあります。

漢方薬で効果が感じられるまでには数週間から1ヶ月以上かかります。そのため、1ヶ月間は飲むつもりで始めるようにします。その間にまったく効果が出ない場合には身体にあっていないこともあるため、医師や薬剤師に相談します。飲み方としては、食事と食事の間の食間に飲むようにします。薬の吸収がよくなるお腹が空っぽの状態で、人肌程度のお湯もしくは水で飲むようにします。 漢方の種類によっては、子宮を収縮させる作用のあるものが処方されることもあるため、妊娠中もしくは妊娠している可能性がある場合には、医師または薬剤師に相談する必要があります。漢方薬であれば、排卵を止めることなく作用することができるため妊娠を望む場合にも適しています。

精力剤の成分「トンカットアリ」の効果とは?

男性の悩みのひとつに精力の衰えがあげられますが、こうした悩みを解消する方法として精力剤もよく選ばれています。
精力剤は医薬品とは違い、即効性があるものではないものの、男性機能を高めたり、健康な体を維持する成分がバランスよく含まれており、スタミナをつけたり、血行の促進などに役立ってくれるものです。

精力剤はビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれており、そのほかにも天然成分も様々な種類が配合されています。
精力剤に良く配合されている成分のひとつにトンカットアリがあげられます。

トンカットアリは健康食材のひとつですが、日本ではあまりなじみのない植物です。

東南アジアの熱帯雨林で自生しているハーブで古くから滋養強壮や精力アップなど人々の健康維持に役立てられてきました。

トンカットアリの特徴を知っておきたいですが、まず精力アップには欠かせないアルギニンが豊富に含まれています。
さらにアルギニンの吸収を助けるビタミンB6、男性機能のアップに役立つ亜鉛もバランスよく含まれています。

精力をアップさせるためにはホルモンのバランスが整っていることも大事ですが、トンカットアリは男性ホルモンを調節する機能もあり、こちらも精力の回復に役立ちます。
男性ホルモンの分泌を促進させ、精子を増やしたり、活動量を増やすのにも役立つとされています。
そして勃起不全の症状は血流の悪さも原因していますが、トンカットアリは血流の改善にも役立ってくれます。
精力アップに役立つ様々な効果が期待できることはもちろん、利尿作用や疲労回復などにも役立ってくれます。

日本ではそのものを食べることは難しいですが、粉末やサプリメントとして加工された商品を利用することでその成分をより手軽に摂取できるようになります。

購入するときはできるだけ高品質な材料を利用しているものを選びたいですし、成分の含有量もそれぞれ違いますので、こちらもよく比較して良いものを選びましょう。

コレステロールを減らすための食品

日本人の食生活は現代では非常に危機的状況にあるといわれています。それは多くの家庭で手作りの料理をしなくなったからです。日本は世界でも稀な飽食な社会であり、街に繰り出せばすぐに美味しい料理を食べることができます。とくにコンビニエンスストアやファ-ストフードの進出が手作り料理をしない日本人の増加に拍車をかけたと言えます。

手軽で美味しい料理が提供されるものの、ハンバーガーやインスタントラーメンは高カロリーで高タンパクであり、防腐剤、着色料、食品添加物などもそこには沢山含まれています。そのためこうした食事を長年にわたって続けているとコレステロールが血中で増え、体に様々な支障をきたすようになるのは言うまでもありません。とくにメタボリックシンドローム、肥満、高血圧、糖尿病といった生活習慣病に陥る人が年々増えています。コレステロールを減らすには、やはりコンビニエンスストアやファーストフードの食事に依存しないことです。そして何よりも緑黄色野菜や青魚中心とした食生活にすることが大事です。特に青魚は不飽和脂肪酸のタンパク質であり、血中のコレステロール値を減らすEPAが豊富に含まれているといわれています。

肉類でタンパク質を摂取するのではなく、サバ、アジ、いわし、さんまといった青魚でタンパク質を摂取するようになるだけで、血液がサラサラになり中性脂肪が蓄積しにくくなります。時間がなく、どうしてもお弁当に頼らざるを得ない場合は緑黄色野菜や青魚が織り込まれた和食弁当を選び食べるようにすると良いでしょう。しかし毎日青魚を食べ続けるのは大変なことです。こうした場合は青魚の魚油由来のサプリメントを習慣化するのも良いでしょう。そこにはEPAだけでなくDHAなども含まれ、痴呆症の抑制や頭の回転を良くするなどの効果も期待できるようになります。こうしたサプリメントを習慣化すれば、血液の流れも良くなり、血色が良くなるなどのアンチエイジング効果も期待できます。

LDLコレステロールの解説サイト

睡眠に関する悩み解消に役立つサプリ

良質な睡眠を行うためには、サプリを利用することが有効です。人間の生活において、とても重要な行動をである睡眠は、質が悪い状態であると、日常生活のパフォーマンスを向上させてしまいます。そのため、睡眠時間が短かったり、質が悪い場合には、常に体が疲労した状態にあるため、どんどん悪影響を与えてしまうことになるのです。

良質な睡眠を行うためには、メラトニンの分泌が必要になります。メラトニンは睡眠に必要なホルモンであり、これが分泌されると、眠気を感じるようになり、体が入眠に適した状態になるのです。メラトニンを分泌させるためには、セロトニンが必要であり、セロトニンを作るためには、たんぱく質が必要となるのです。

そのため、サプリとしてたんぱく質を摂取することが、良質な入眠に必要となるのです。たんぱく質自体は多くの食品に含まれていますが、多くの食品において、たんぱく質と同時に余分な成分を摂取してしまいがちです。またたんぱく質が多く含まれていたとしても、アミノ酸スコアが低ければ、良質なたんぱく質の摂取となるわけではないのです。

たんぱく質はアミノ酸で構成されており、このアミノ酸の中でも必須アミノ酸がバランスよく含まれているか、ということを示すために、アミノ酸スコアというものが使用されています。100が最大であり、数値が高ければ良質なたんぱく質である、ということが言えるのです。

サプリとしてプロテインを利用する場合には、このアミノ酸スコアが100であるものを使用するようにすると、良質なたんぱく質を摂取することが可能となります。そしてメラトニンの材料となるセロトニンの分泌に役立ってくれるのです。
他にも良質な睡眠に役立つのは、精神の不安を和らげてくれるテアニン、神経の修復に役立つビタミンB12、GABAの生成に役立つビタミンB6などです。眠れない原因は様々ですが、自分にとってどのような悩みで睡眠ができないのか、ということを確認し、その症状に合わせたサプリを利用することが必要です。

乳酸菌サプリメントが花粉症改善に役立つ仕組み

スギやイネなど様々な植物の花粉が飛び交う季節に目や鼻に不快な症状が出たり頭がぼーっとしてしまう花粉症。毎年季節になると悩む方も多いことでしょう。様々な治療や薬を試したけれど毎年やはり鼻水や涙などに悩まされるという方も乳酸菌サプリメントが花粉症にいいという話は聞いたことがあると思います。しかし、薬でもない乳酸菌サプリメントが花粉症に良い効果をもたらすというのは本当なのでしょうか?その仕組みとサプリメントで摂取することのメリットについてご紹介します。
tosupun
人の体には体内にウイルスや花粉などの異物が入ってきたときに体の外にその異物を排除しようとする免疫システムというものがあります。花粉症はこの免疫システムの反応が過敏になって大きく反応している状態なのです。そしてこの過剰な免疫システムの反応を抑える働き乳酸菌にあるということが研究の結果わかってきているのです。

免疫システムの中で脳への伝達系の役割を果たしているインターロイキン4という物質です。このインターロイキン4という物質の分泌を正常に整えるのが乳酸菌と言われています。
それでは毎日乳酸菌を含んだ食べ物を食べようと考える方も多いでしょう。しかし、まだ1日にどれだけの乳酸菌を摂取すれば効果的かということが分かっていません。そして毎日欠かさず食べるというのも実際にはなかなか大変です。乳酸菌を摂取するため食べるものとして一般的なヨーグルトも毎日となるとカロリーや脂肪分なども気になります。しかも加熱や胃酸に弱いので腸まで届くことができないことも多いのです。

その点、サプリメントならば効果的に確実に体内に取り入れることができ、摂取する量も調節が可能です。乳酸菌にも様々な種類があります。自分にあったものを選んで摂取することができるのもサプリメントのメリットの一つです。花粉症の薬を飲むような即効性を求めるのではなく、体内の環境を改善することで本質的に花粉症を改善することができるのがサプリメントと言えます。

妊娠中に葉酸サプリは必要?食事だけじゃダメ?

妊婦さんにとって、一番大事なことはおなかの赤ちゃんを立派に育てあげることですね。
そのためには、赤ちゃんにとって必要な栄養素を、自分が摂取することによって赤ちゃんに届けてあげることが大切なお仕事です。
特に、葉酸は妊婦さんにとって摂取を推奨されている栄養素です。
妊娠期に胎児の神経系の異常を防ぐ働きがあるとされ、妊婦さんの貧血なども防ぐ役割を担っています。
そんな大事な葉酸ですから、できれば食事で取り入れたほうがいいですね。
dekitawayo
葉酸が多く含まれる食品としては、ホウレン草やブロッコリー、枝豆などが挙げられます。
これらを毎日たくさん食べられたらいいのですが、大事な脳の発達に影響する妊娠初期は、多くの妊婦さんがつわりに悩まされる時期でもありますね。
普通の食事すらままならず、人によっては甘いものしか食べられなかったり、ジャンクフードしか食べられないということも珍しくありません。
必要な葉酸の量は、一日480mgとされていますが、これはホウレン草で60g程度の量となります。

普段なら難なく食べられても、つわりの時は無理なこともあります。
そんな時は、やはり葉酸サプリで葉酸を補った方がいいかもしれません。
葉酸サプリなら、水と一緒に飲み込むだけですから、気持ち悪くても口に入れることができますね。
葉酸サプリは葉酸だけでなく、鉄分など大事な栄養素も一緒に配合されていることが多く、一粒で結構な必要栄養素を摂れるものです。
勿論つわりの時は葉酸だけでなく、他のたくさんの栄養分が不足しがちになります。

ひどい場合は栄養失調になる方も少なくないのです。
こういう場合は妊婦健診で引っかかりますから、入院になったり、点滴を受けたりすることになるかもしれません。
入院中、治療中は病院のやり方に従い、サプリの摂取についてもしっかり相談のうえで行った方がよいでしょう。
葉酸は妊娠中だけでなく、授乳期にも摂取が勧められていますから、授乳期にも食事で摂取できている自信がなければサプリを使いましょう。

シトルリンとアルギニンは何が違う?どっちが効果的?

アルギニンとシトルリンは同じアミノ酸の一種で、体内で合成できずに食事から摂取する必要のあるアミノ酸を必須アミノ酸と言い、アルギニンは体内で合成できる栄養素から非必須アミノ酸とされ、シトルリンはタンパク質の構成をせずに体内を巡回する成分であることから遊離アミノ酸に分類されます。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進する作用があるため、思春期の子どもの骨を成長させたり、筋肉の修復、脂肪細胞の燃焼を促進させる効果があります。

5ko
また免疫細胞のマクロファージを活性化させることで免疫力を向上させたり、抗炎症作用のあるポリアミンという物質を生成することから、疲労回復や免疫力向上による健康的な身体作りには重要な栄養素とされ、細胞増殖を促進するために、精子の生産量を増やし精力増強にも役立ちます。このアルギニンは体内で酵素と合成することで一酸化窒素を発生させ、血管を拡張させ血流改善を行うとともに、一部はシトルリンに変換されます。

血中に入って全身を巡るシトルリンは、タンパク質中のアルギニンが減るとアルギニノコハク酸によってアルギニンに分解され、この一酸化窒素サイクルを繰り返すことになります。つまりアルギニンとシトルリンは密接な関係があり、どちらを摂取しても一酸化窒素の生成を促して血流改善など、同様の効果が見込めると言えます。しかし直接的に摂取することで効率的な作用を起こし、アルギニンによる血管拡張、疲労回復、精力増強の効果を発揮することから、サプリメントではアルギニンを含んだ精力剤が数多く存在します。

アルギニンは過剰摂取すると下痢や胃痛などが起こることがあり、さらに腎臓に負担がかかり機能低下に陥る可能性があるため、吸収率が悪いと言われていても余分に摂取するのは控える必要があります。対してシトルリンは必要な成分量を超えても、不要な分は尿と一緒に排泄される性質があるので、栄養素として補給する場合は、シトルリンを摂取するのが良いとされています。

亜鉛サプリをとりすぎるとどんな副作用が出るか

亜鉛サプリメントは男性の育毛効果や精子生成への効果が高いと言われています。
aen11
育毛や精子の生成は代謝とのつながりもあり、亜鉛摂取により新陳代謝が活発化するというものです。
そのため体内のその他の細胞分裂にも効果が高く、それに伴い免疫力の向上にも効果を発揮しますので、男性のみに必要な栄養素ではなく、女性にも有効となります。
亜鉛は、摂取しても排泄などにより摂取後早めに代謝し、体内から出てしまうため、ある一定の年齢を境に不足しがちとなります。
女性は40歳ぐらい男性は30歳ぐらいから不足しだします。

一説に、亜鉛不足による影響が男性ホルモンを増加させるとして、精子減少や抜け毛の進行へと繋がると言われています。
亜鉛が多く含まれる食物として牡蠣やアサリなどの貝類、大豆製品、レバーなどがありますが、これらの食物に含まれる亜鉛は微量であり、有効的に体内に取り入れるためには、サプリメントの摂取による方法が良いと言われています。

亜鉛サプリメントの場合、亜鉛が凝縮しており、食材の偏りや多く食事摂取をしなくとも通常食の上乗せとして楽に摂ることが可能です。
ただし、サプリメントが薬ではなく、副作用が出ないとは言え、限度を超える摂取となった場合、薬の摂取後に現れる副作用同様の症状が出ることがあります。
そのためにも摂取量は必ず守りましょう。

長期で過剰に亜鉛を摂取した場合、鉄分や銅の欠乏症を招き、白血球の減少が見られる場合があり、貧血を起こすことがあります。
また、亜鉛中毒症となると吐き気やめまい、胃のむかつきなど、ひどい症状となると高温の発熱となることもあります。
平均的な一日当たりの摂取量は最大で16㎎で、これを超えると不具合となることがありますので注意が必要です。
ただ、薬ではないため、必ずしも症状が出ることはなく、摂取量を超えた亜鉛は尿などにより代謝されることが多く、取り過ぎによる無意味となることがあります。
サプリメントはあくまでも補助食品であり、必ずしも効果が得られるわけではありません。