PMS改善に効果のある漢方薬の話

月経が始まる3日から10日前ぐらいに起こる様々な症状をPMSといいます。イライラや不快感、頭痛、むくみなど心身にあらわれる症状は、月経が始まることで自然と治まったり軽くなります。PMSの原因は、はっきりとわかっていませんが女性ホルモンが関係していると考えられています。症状が軽ければ、特に治療の必要はありませんが、日常生活に支障がでるほど症状が重い場合には、婦人科などを受診することで症状を軽減させることができます。
akaita
PMSの改善には漢方が用いられることがあります。西洋薬に比べると効果はゆるやかですが、自分の体質にあったものが見つかれば効果があります。また、効果がゆるやかな分、副作用も比較的ゆるやかとされています。病院で処方される女性ホルモンが含まれている低用量ピルが使用できない場合に選ぶこともあります。

漢方は、PMSのような様々な症状の出るものに対して有効です。症状が顕著な場合には、その症状に対して西洋薬を併用して治療することも可能になります。
漢方では、問診や腹診、脈診などを基にして、その人の体質などを考慮して処方します。一般的にPMSに有効な漢方としては、桃核承気湯、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、加味逍遥散などがあります。

漢方薬で効果が感じられるまでには数週間から1ヶ月以上かかります。そのため、1ヶ月間は飲むつもりで始めるようにします。その間にまったく効果が出ない場合には身体にあっていないこともあるため、医師や薬剤師に相談します。飲み方としては、食事と食事の間の食間に飲むようにします。薬の吸収がよくなるお腹が空っぽの状態で、人肌程度のお湯もしくは水で飲むようにします。 漢方の種類によっては、子宮を収縮させる作用のあるものが処方されることもあるため、妊娠中もしくは妊娠している可能性がある場合には、医師または薬剤師に相談する必要があります。漢方薬であれば、排卵を止めることなく作用することができるため妊娠を望む場合にも適しています。

精力剤の成分「トンカットアリ」の効果とは?

男性の悩みのひとつに精力の衰えがあげられますが、こうした悩みを解消する方法として精力剤もよく選ばれています。
精力剤は医薬品とは違い、即効性があるものではないものの、男性機能を高めたり、健康な体を維持する成分がバランスよく含まれており、スタミナをつけたり、血行の促進などに役立ってくれるものです。

精力剤はビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれており、そのほかにも天然成分も様々な種類が配合されています。
精力剤に良く配合されている成分のひとつにトンカットアリがあげられます。

トンカットアリは健康食材のひとつですが、日本ではあまりなじみのない植物です。

東南アジアの熱帯雨林で自生しているハーブで古くから滋養強壮や精力アップなど人々の健康維持に役立てられてきました。

トンカットアリの特徴を知っておきたいですが、まず精力アップには欠かせないアルギニンが豊富に含まれています。
さらにアルギニンの吸収を助けるビタミンB6、男性機能のアップに役立つ亜鉛もバランスよく含まれています。

精力をアップさせるためにはホルモンのバランスが整っていることも大事ですが、トンカットアリは男性ホルモンを調節する機能もあり、こちらも精力の回復に役立ちます。
男性ホルモンの分泌を促進させ、精子を増やしたり、活動量を増やすのにも役立つとされています。
そして勃起不全の症状は血流の悪さも原因していますが、トンカットアリは血流の改善にも役立ってくれます。
精力アップに役立つ様々な効果が期待できることはもちろん、利尿作用や疲労回復などにも役立ってくれます。

日本ではそのものを食べることは難しいですが、粉末やサプリメントとして加工された商品を利用することでその成分をより手軽に摂取できるようになります。

購入するときはできるだけ高品質な材料を利用しているものを選びたいですし、成分の含有量もそれぞれ違いますので、こちらもよく比較して良いものを選びましょう。

コレステロールを減らすための食品

日本人の食生活は現代では非常に危機的状況にあるといわれています。それは多くの家庭で手作りの料理をしなくなったからです。日本は世界でも稀な飽食な社会であり、街に繰り出せばすぐに美味しい料理を食べることができます。とくにコンビニエンスストアやファ-ストフードの進出が手作り料理をしない日本人の増加に拍車をかけたと言えます。

手軽で美味しい料理が提供されるものの、ハンバーガーやインスタントラーメンは高カロリーで高タンパクであり、防腐剤、着色料、食品添加物などもそこには沢山含まれています。そのためこうした食事を長年にわたって続けているとコレステロールが血中で増え、体に様々な支障をきたすようになるのは言うまでもありません。とくにメタボリックシンドローム、肥満、高血圧、糖尿病といった生活習慣病に陥る人が年々増えています。コレステロールを減らすには、やはりコンビニエンスストアやファーストフードの食事に依存しないことです。そして何よりも緑黄色野菜や青魚中心とした食生活にすることが大事です。特に青魚は不飽和脂肪酸のタンパク質であり、血中のコレステロール値を減らすEPAが豊富に含まれているといわれています。

肉類でタンパク質を摂取するのではなく、サバ、アジ、いわし、さんまといった青魚でタンパク質を摂取するようになるだけで、血液がサラサラになり中性脂肪が蓄積しにくくなります。時間がなく、どうしてもお弁当に頼らざるを得ない場合は緑黄色野菜や青魚が織り込まれた和食弁当を選び食べるようにすると良いでしょう。しかし毎日青魚を食べ続けるのは大変なことです。こうした場合は青魚の魚油由来のサプリメントを習慣化するのも良いでしょう。そこにはEPAだけでなくDHAなども含まれ、痴呆症の抑制や頭の回転を良くするなどの効果も期待できるようになります。こうしたサプリメントを習慣化すれば、血液の流れも良くなり、血色が良くなるなどのアンチエイジング効果も期待できます。

LDLコレステロールの解説サイト

睡眠に関する悩み解消に役立つサプリ

良質な睡眠を行うためには、サプリを利用することが有効です。人間の生活において、とても重要な行動をである睡眠は、質が悪い状態であると、日常生活のパフォーマンスを向上させてしまいます。そのため、睡眠時間が短かったり、質が悪い場合には、常に体が疲労した状態にあるため、どんどん悪影響を与えてしまうことになるのです。

良質な睡眠を行うためには、メラトニンの分泌が必要になります。メラトニンは睡眠に必要なホルモンであり、これが分泌されると、眠気を感じるようになり、体が入眠に適した状態になるのです。メラトニンを分泌させるためには、セロトニンが必要であり、セロトニンを作るためには、たんぱく質が必要となるのです。

そのため、サプリとしてたんぱく質を摂取することが、良質な入眠に必要となるのです。たんぱく質自体は多くの食品に含まれていますが、多くの食品において、たんぱく質と同時に余分な成分を摂取してしまいがちです。またたんぱく質が多く含まれていたとしても、アミノ酸スコアが低ければ、良質なたんぱく質の摂取となるわけではないのです。

たんぱく質はアミノ酸で構成されており、このアミノ酸の中でも必須アミノ酸がバランスよく含まれているか、ということを示すために、アミノ酸スコアというものが使用されています。100が最大であり、数値が高ければ良質なたんぱく質である、ということが言えるのです。

サプリとしてプロテインを利用する場合には、このアミノ酸スコアが100であるものを使用するようにすると、良質なたんぱく質を摂取することが可能となります。そしてメラトニンの材料となるセロトニンの分泌に役立ってくれるのです。
他にも良質な睡眠に役立つのは、精神の不安を和らげてくれるテアニン、神経の修復に役立つビタミンB12、GABAの生成に役立つビタミンB6などです。眠れない原因は様々ですが、自分にとってどのような悩みで睡眠ができないのか、ということを確認し、その症状に合わせたサプリを利用することが必要です。