亜鉛サプリをとりすぎるとどんな副作用が出るか

亜鉛サプリメントは男性の育毛効果や精子生成への効果が高いと言われています。
aen11
育毛や精子の生成は代謝とのつながりもあり、亜鉛摂取により新陳代謝が活発化するというものです。
そのため体内のその他の細胞分裂にも効果が高く、それに伴い免疫力の向上にも効果を発揮しますので、男性のみに必要な栄養素ではなく、女性にも有効となります。
亜鉛は、摂取しても排泄などにより摂取後早めに代謝し、体内から出てしまうため、ある一定の年齢を境に不足しがちとなります。
女性は40歳ぐらい男性は30歳ぐらいから不足しだします。

一説に、亜鉛不足による影響が男性ホルモンを増加させるとして、精子減少や抜け毛の進行へと繋がると言われています。
亜鉛が多く含まれる食物として牡蠣やアサリなどの貝類、大豆製品、レバーなどがありますが、これらの食物に含まれる亜鉛は微量であり、有効的に体内に取り入れるためには、サプリメントの摂取による方法が良いと言われています。

亜鉛サプリメントの場合、亜鉛が凝縮しており、食材の偏りや多く食事摂取をしなくとも通常食の上乗せとして楽に摂ることが可能です。
ただし、サプリメントが薬ではなく、副作用が出ないとは言え、限度を超える摂取となった場合、薬の摂取後に現れる副作用同様の症状が出ることがあります。
そのためにも摂取量は必ず守りましょう。

長期で過剰に亜鉛を摂取した場合、鉄分や銅の欠乏症を招き、白血球の減少が見られる場合があり、貧血を起こすことがあります。
また、亜鉛中毒症となると吐き気やめまい、胃のむかつきなど、ひどい症状となると高温の発熱となることもあります。
平均的な一日当たりの摂取量は最大で16㎎で、これを超えると不具合となることがありますので注意が必要です。
ただ、薬ではないため、必ずしも症状が出ることはなく、摂取量を超えた亜鉛は尿などにより代謝されることが多く、取り過ぎによる無意味となることがあります。
サプリメントはあくまでも補助食品であり、必ずしも効果が得られるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>