コレステロールを減らすための食品

日本人の食生活は現代では非常に危機的状況にあるといわれています。それは多くの家庭で手作りの料理をしなくなったからです。日本は世界でも稀な飽食な社会であり、街に繰り出せばすぐに美味しい料理を食べることができます。とくにコンビニエンスストアやファ-ストフードの進出が手作り料理をしない日本人の増加に拍車をかけたと言えます。

手軽で美味しい料理が提供されるものの、ハンバーガーやインスタントラーメンは高カロリーで高タンパクであり、防腐剤、着色料、食品添加物などもそこには沢山含まれています。そのためこうした食事を長年にわたって続けているとコレステロールが血中で増え、体に様々な支障をきたすようになるのは言うまでもありません。とくにメタボリックシンドローム、肥満、高血圧、糖尿病といった生活習慣病に陥る人が年々増えています。コレステロールを減らすには、やはりコンビニエンスストアやファーストフードの食事に依存しないことです。そして何よりも緑黄色野菜や青魚中心とした食生活にすることが大事です。特に青魚は不飽和脂肪酸のタンパク質であり、血中のコレステロール値を減らすEPAが豊富に含まれているといわれています。

肉類でタンパク質を摂取するのではなく、サバ、アジ、いわし、さんまといった青魚でタンパク質を摂取するようになるだけで、血液がサラサラになり中性脂肪が蓄積しにくくなります。時間がなく、どうしてもお弁当に頼らざるを得ない場合は緑黄色野菜や青魚が織り込まれた和食弁当を選び食べるようにすると良いでしょう。しかし毎日青魚を食べ続けるのは大変なことです。こうした場合は青魚の魚油由来のサプリメントを習慣化するのも良いでしょう。そこにはEPAだけでなくDHAなども含まれ、痴呆症の抑制や頭の回転を良くするなどの効果も期待できるようになります。こうしたサプリメントを習慣化すれば、血液の流れも良くなり、血色が良くなるなどのアンチエイジング効果も期待できます。

LDLコレステロールの解説サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>