亜鉛不足はどんなトラブルにつながるのか

亜鉛はミネラルの一種です。亜鉛が含まれている食べ物といえば牡蠣がよく知られていますが、牡蠣以外にもうなぎ、牛肉、豚レバー、鶏レバー、大豆、卵黄、ゴマ、豆腐、ホタテ、抹茶、黒米など身近な食べ物にも含まれているので、毎日しっかりバランスの良い3食摂取を心がけていると不足することはありません。
しかし、加工食品には亜鉛はほとんど含まれていません。加工過程で失われやすいのです。
zinca
自然な食品を心がけることが大切です。そして亜鉛は食物繊維と一緒に排出されやすいので、多すぎる野菜の摂取やダイエットの為にと野菜ばかり食していると亜鉛不足となります。
また、汗や尿としても多く排せつされるため、活動量が多いほど消費量が多くなり、積極的な摂取が必要となります。
亜鉛はタンパク質、DNA、RNAの合成、免疫力、骨の発育、新陳代謝にかかわる重要なミネラルです。
不足すると自覚しやすい症状としては、味覚異常、爪がもろく弱い、抜け毛や髪の傷みなどがあります。

舌には味覚器官があり、その細胞は新陳代謝が活発なものです。亜鉛が不足すると新陳代謝が鈍り、細胞の入れ替わりが上手く行かずに味覚異常となるのです。
何を食べても酸っぱいや甘いや辛いなどの味覚が分かりにくくなり楽しく食事を摂取することが出来ません。
そして爪も髪もタンパク質から出来ているのでタンパク質の合成にかかわる亜鉛が不足していると、異常が出てきます。
身体全体の細胞も大部分がタンパク質です。

しかし爪や髪は直接生命の危機に影響がないので、一番先に傷みやすいのです。

爪がすぐに割れる、薄い、髪が抜けやすくなり細い、パサパサとして傷みやすいという症状がでやすくなります。
このような分かりやすい症状があれば、亜鉛不足を疑います。

放っておくと免疫力低下などの内臓機能の不調が出てきてしまうので、食事でしっかり亜鉛を補うことが大切です。
健康の為に亜鉛はとても重要なミネラルです。
バランスのよい食事を心がけることで解決します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>